日本画、どのように保存したらいいですか?

日本画は絹、和紙などに天然素材の絵の具を活かし、膠(にかわ)で接着する日本画独特の手法を使って描くものです。それゆえ、日本画を上手に保管するのも、ずいぶん耐え難いものです。完璧に保管するのは無理だとしても、大体いかなる感じで保管するのがいいのでしょうか。

取り敢えず、当たり前のこととして、紫外線は避けた方がいいでしょう。飾り付けるも、保管するにしても、日光が当たらない所にします。

湿度ですが、湿度がおっきいのはカビの原因になるので、湿度が高くなるような場所は避けます。ですが、湿度や温度があんまり低くても、塗られて要る絵の具に亀裂が生じたりします。乾燥していれば望ましい、というものではないのです。相応しい湿度(5割位)、少々気持ちいいくらいの温度、物悲しい場所がいいのですが、我家になんだかそういう適した場所を調べるのは難しいでしょう。そうなると、出来るだけ、それに近付けるような場所、ということになりますね。

前もって、温度が挙がる二階はだめ、ということになります。どうしても家の一階で、物悲しい所、そうすると押し入れがいいかもと思ってしまいますが、押し入れは湿気がこもり易いので、だめなんです。やはり台所の戸棚も、水を使う場所ですから適しませんね。なら、どこにすればいいの、と思ってしまいますよね。それで、人間が暮らしていて、居心地の良い環境の所に保管するしかない、ということになります。

人間が暮らして居心地が良いのも、適度な湿度と適度な温度、紫外線が当たらない場所ですよね。そうすると、エアコンをかけてる時間の長いリビングがいいかもしれません。そういう場所に飾り付けるなり、リビングにおける戸棚に保管すれば良しかもしれませんね。

そして、何年も何年もおんなじ絵を飾りっぱなしにするのも良くありません。埃が付きますし、蛍光灯からも至極弱いですが紫外線が出ているので、絵を休ませて譲ることが大切です。出来たら、通年に一回は代えてあげましょう。掛け軸のように、額に入れずに専ら飾っておくものは、なお更だ。季節ごとに付け替えるのが掛け軸ですが、例えば漢詩だけが書いてあるような季節感のないものだと、何年もおんなじものを掛けてしまうこともあるかもしれないので、気を付けましょう。おすすめ

日本画、どのように保存したらいいですか?

体重を引き戻す産後の食事

今回は、産後にはきちんと母乳をあげながら、体重を無理なく引き戻すための調理法やおやつについてご紹介します。
産後や授乳中には、和食を中心とした食事を盗ることが大切です。栄養バランスがいいことに加えて、和食に多く通じる食材にはそれぞれ働きがあります。
・ごぼう、にんじん、大根などの根菜類
これには母乳の分泌を促す働きがあります。
・ほうれん草などの青菜や海藻、大豆
これには、身体の巡りをよくする働きがあります。
また、炭水化物についても、身体を冷やして仕舞う小麦によるパンよりもご飯がおすすめです。
お肉を使うときは、低カロリーで高たんぱくな赤身肉や鶏むね肉などがおすすめです。特に赤身肉は代謝アップにつながります。
「スープや味噌汁で効率よく水分補給」
授乳中は脱水症状になりがちだ。体調を維持して敢然と母乳を作り上げるためにも水分補給をぐっすりください。水やノンカフェインのお茶で普段からこまめな水分補給をしながら、スープや味噌汁など水分が多く取れるメニューを作るのがおすすめです。
野菜のコンソメスープやわかめ、豆腐などを使った味噌汁などは水分のほか野菜や海藻、大豆などの栄養が摂れておすすめです。朝食は、お肉など高カロリーなメニューを魚に変えるなどの工夫をください。
「糖と脂肪を賢く燃やす調理法」
下ごしらえや加熱方法など、普段の調理法を僅か工夫するだけで糖分や脂肪分を止めることができます。
・お肉による料理
肉の脂身を切り落として調理するだけで約50kcalほどカロリーを落とすことができます。また、ゆで、蒸しなどの調理法で脂身の多い肉から余分な脂肪を落とすことができます。
・炒め物
野菜を炒める料理は、下ゆでするか電子レンジで加熱してから炒める結果油の量を減らすことができます。
・煮物を定める時
煮物はだしを多めに取る結果砂糖の量を減らすことができます。
このように、油と砂糖の量を燃やす工夫をして調理すると、カロリーを押えることができます。
「産後におすすめのおやつ」
授乳中はおやつを我慢して仕舞うママもいるかもしれません。しかし、産後におやつを摂るのは悪いことではありません。
授乳中のおやつは、低カロリーな物・食事の代わりに達するよなものにするなどポイントを押さえておけば大丈夫です。
食事に気をつけて無理なく産後ダイエットを行いましょう。http://www.toutenburgfestival.nl/

体重を引き戻す産後の食事