鯖缶による、簡単冷製パスタ

暑くなる季節には、冷製パスタを決めるのはいかがでしょうか。
お昼など、簡単に作りたい時折、ほぼ冷製パスタがいいかもしれません。
でも、そんなふうにめんの方が、簡単じゃないの?というかもしれませんが、冷製パスタもそれほどややこしいものではありません。
確かに、そんなにめんの方がゆで時間が少ない、という利点はありますが、いつもそんなふうにめんでは、飽きてくるよね。
時折冷製パスタを作ってみましょう。
パスタというと、すぐに頭に浮かぶのが生ハムとかベーコンですが、鯖缶との相性も酷くありません。
それに鯖缶なので、かなり簡単です。
しかも、鯖にはセレン、DHA、EPA、ビタミンが豊富に含まれていますから、体にもかなり望ましいものです。
しかも鯖の缶詰にはその栄養が余すことなく入っているので、是非鯖缶においてみましょう。

●鯖缶とトマトの冷製パスタ・・材料:(独力分)細めのスパゲッティ100グラム、サバの水煮缶(1缶)、トマト(大きめの物半分)、しょうが(適量)、オリーブオイル、青じそ、青じそドレッシング。
作り方:ボールに鯖缶を入れてほぐしますが、煮汁は少しだけ一緒に入れます。
そこへ切ったトマト、オリーブオイル、少しのおろししょうが、塩ちょこっとを入れて激しく取り混ぜます。
スパゲッティはいつものゆで時間より1分から2分多めにゆでます。
これからスパゲッティを冷ますので、ゆですぎるくらいの方がいいのです。
ゆであがったら、冷水で冷まします。
その後ざるに上げて水気を切り、その後ペーパータオルでたっぷり水分を取ります。
水分をきちんと取らないと、べたっとした感じで美味しくありません。
ボールに冷たくしたスパゲッティを加えて、さらにしばしば取り混ぜます。
お皿に盛り付けて、千切りにした青じそをトッピングして、再度青じそドレッシングを好みの量かけて、下さい。
しょうがを入れてあるので、鯖の臭みもありませんし、青じその風味も加わって、旨いですよ。

トマトは出来るなら皮をむいて使ったほうが、味が染み易くなるのでおいしいですし、口当たりも良くなります。
でも包丁で擦りむくのは皮が分厚くむけてしまうので、適しません。
とにかく昔ながらの定番、湯むきがいいでしょう。
ひとたび、トマトの一番上の所を少なく十字に切っておきます。
沸騰したお湯にいれて、30秒くらいすると、上の切った部分がはじけてむけてきます。
その時にお湯から出して、冷水に浸けて冷まし、あとは、手で簡単にむけるようになります。
簡単なので、是非、トマトは皮をむいて使ってみましょう。レッドスムージーの効果がすごい!5kg痩せた私のおすすめランキング

鯖缶による、簡単冷製パスタ