緑内障とその加療

日本人の中途失明の原因の第1位が緑内障なのをご存知でしょうか?
緑内障は進行に気付き難く、気づいた時には重症化していたに関しても多い病気だ。そのため、きちんとした知識と予防法や加療を知っておくことが重要です。

緑内障は、高くなった眼圧により視神経が圧迫されて視神経が損傷し、視野が欠けたり狭くなって仕舞う病気だ。自覚症状が出にくいため、発見が遅れることが多々あります。緑内障は、多くの場合は40代以上で発症し、ゆっくり進行します。
緑内障の主な直接原因は高眼圧ですが、おんなじ眼圧も発症する人と発症しない人がいらっしゃる。同じように、治療によって眼圧を十分に下降させても病気が進行する人と進行しない人がいらっしゃる。そのため、眼圧がおっきいからといって緑内障と簡単に結びつけることができない病気でもあります。

残念ながら、現在の医療では、緑内障を発症して失われた視野や視力は決して元どおりになることはありません。つまり、緑内障は直せる病気ではなく長く付き合う病気といえます。
何とか、治療をせずにいると視野が次々小さくなり、近々失明についてにもなりかねません。放置せずに敢然と病と向き合うことが、再び長く視野を持ち不自由のない生活を送るために要所だ。

緑内障の加療として西洋医学的には、点眼薬による治療、内服薬による治療、レーザーによる治療、手術による治療があげられます。
緑内障に初めて処方されるのが点眼薬で、内服薬は点眼薬としても効果がきちんと見られない、やっと手術をすると言うときに処方されます。レーザーによる治療には各種方法がありますが、眼圧を引き下げるために適切な方法を選び治療していきます。そして、緑内障の最終的な加療として手術が用いられます。

東洋医学的方法の場合は、症状の進行を阻止する治療が発症の予防にも役立ちます。緑内障の治療というと西洋医学ばかりがメインとなりますが、漢方薬による加療もあります。漢方薬による治療は、症状を押さえるものではなく、全身のバランスを整えて不調を改善していくという加療になります。
また、東洋医学ではツボによる治療も行います。血行が悪くなって視神経が弱っている場合はツボを刺激するため血行が良くなります。ツボ治療で血行が可愛らしくなれば、緑内障の予防や改善に役立ちます。https://www.designer-cake-creations.co.uk/

緑内障とその加療