大規模な曼珠沙華は巾着田へ!

曼殊沙華という真っ赤なお花を鑑賞したことはありますか?夏の終わり、九月頃から各地で咲き作る個性的な形をした葉のない花だ。
全国各地に多数存在する曼殊沙華の生地ですが、埼玉県では日高市における巾着田に直径約500メートル、面積約22ヘクタールの川に囲まれた平地で「500万本の曼殊沙華」とはやるほど、見ごたえいる最適
名勝だ。昨年2017年には天皇陛下もご覧になり、曼殊沙華の美しさをご覧遊ばれました。埼玉県における曼殊沙華は雑木林の中に生えていますが、大規模で育つことは物珍しいのだそうです。
巾着田は高麗川が流行り、川のせせらぎを聞きながら豊かな自然と曼殊沙華の咲き乱れる深紅に見とれてしまいます。
小学生の遠足にも欠かせない場所だ。
巾着田の由来は高麗本郷が長年にわたり高麗川の清流が流行り巾着袋という形をした場所ということから巾着田という名称になりました。
巾着田は曼殊沙華と同じ季節には秋桜も咲き、目で見て2倍楽しむことができます。
オンシーズンは屋台なども生じるため皆でにぎわいます。お土産ももらえ、最寄りの西武秩父線高麗駅で下車すると巾着田に行く手前での民家も季節の野菜や草花、雑貨などを売り出し面白いひとときを明かしながら曼殊沙華を鑑賞できます。
埼玉ならではの都内からの近さはツーリストにも喜ばれ年々盛り上がりを見せてある。
曼殊沙華を鑑賞後、歩き疲れたら近くの阿里山カフェで休憩するのも楽しみのひとつ。オンシーズンは休みを気にせずランチやスイーツを召し上がれます。ベジタリアンならではのメニューがずらりと並び、阿里山ミックスベジタブル丼を始め、ベジバーガーやお豆と季節の野菜カレーなど川にせり出したデッキ席でお茶を楽しめば、川のせせらぎに心が安らぐでしょう。外であればペット同伴オッケーだ!
オーガニックやベジタリアンな食材でもてなし、女性客にも注目され世界中から取り寄せた健康食を売り出し、自ら建てた赤いアメリカ風の納屋で開業しています。予め立ち寄る日にちが押さえるのなら予約するのがオススメですよ!
未だに まだまだ発見して初々しい魅力が探せる埼玉に注目!夏の終わり、秋の始まりには巾着田へ出向く予定を考えてみてはいかがでしょうか?!引用

大規模な曼珠沙華は巾着田へ!