マンションのキッチンをリフォームするポイント

マンションは面積と間取りが限られているので、キッチンは暗くなりがちで、風通しも良くなく、小さくて収納が足りない、という悩みを抱えている人も多いでしょう。
そのため、そこそこ築年数が過ぎ、「キッチンをずっときれいで使いやすくしたいな」とリフォームを考えるようになると思います。
漸くキッチンをリフォームするなら、機器を交換するだけでなく、レイアウトまで見直して、開放的でおしゃれな空間を手に入れたいものです。
しかし、マンションリフォームの場合、とれる範囲が決まっているので、事前に敢然と確認しておく必要があります。

キッチンのリフォームができるかどうかは、それぞれのマンションによって違う。
また、キッチンの位置や向きを置き換える場合は、水回りの移動が必要なので、それが可能なのか規約で確認しないといけません。
また、キッチンを移動したい場合は、マンションの構造も確認する必要があり、パイプスペースの問題から、「二重床」で床下に空間がある構造なら、キッチンを移動しやすいのですが、空間がないと、レイアウトを変えずにリフォームを計画するか、圧送ポンプを設置する必要があります。
もっと、キッチンリフォームは、上部の構造にも注意が必要で、換気扇の位置を移動できない場合があるので、その場合はコンロの位置が制限されます。

このように、「キッチンを大胆にリフォームしたい」と思っても、排水や排気の関係で、不可能プランもあることを覚えておきましょう。
マンションの構造など専門的なことがわからなくても、リフォーム業者に相談すれば、希望のレイアウトが可能かどうか見ていける。

それでは、スムーズにキッチンをリフォームする手順を紹介します。
まずは、マンションの管理規約で、工事内容の可否や工事の申請・手続きの方法などを確認してください。
そして、リフォーム業者に連絡して下見をお願いし、そのマンションでOKプランをいくつか提案してもらって、見積もりを出してもらいましょう。
また、ショールームへ行って、キッチンの実物を見たり、使い勝手を確認したりしておくことも大切です。

小さくなりがちなマンションのキッチンリフォームを成功させるには、限られたスペースをどれだけ上手に使いこなすことができるかにかかっています。
例えば、頭上の収納を跳ね上げ式にするため空間を有効活用したり、扉の形状を考えて引き戸の収納にしたりするため、狭いスペースでも窮屈さを感じません。

マンションのキッチンリフォームを通して、前よりも小さくなったり、使い勝手が悪くなったりしてしまった、という失敗談も実際にあります。
そうならないためにも、信頼できるリフォーム業者とそれほど相談して、理想のキッチンに近づけられるように慎重にプランを立てましょう。xn--v9j0hd3bp6hvf.xyz

マンションのキッチンをリフォームするポイント